社会イノベーター公志園とは

  • 地域コミュニティ、日本、社会、さらには世界が直面する経済社会の課題
  • 市場メカニズムや行政といったアプローチのみでは、十分に解決されえない課題
  • 人が不安や不満を感じたり、おかしいと感じたりするのに、放置されている課題

そんな経済社会の課題を、従来にないアプローチで解決せんと挑戦している社会イノベーター達が全国から集まるのが、社会イノベーター公志園です。

社会イノベーターが集い、ともに切磋琢磨する・・・
そんな社会イノベーターたちに、心から声援を送り、同時に、自らも問題意識を拡げ、気づきと勇気をもらい、自分自身の今後の生き方を考える・・・。
挑戦者たちと、支援者、さらには観客が、一体となって、日本と世界の未来を創りだす そんな舞台が、日本にはじめて生まれます。

今回で第三回となる社会イノベーター公志園は、2013年9月28日に大阪で開会します。年齢や性別、取り組む課題も様々な挑戦者達15名が約半年間に渡り、切磋琢磨しながら、自らの志の深化と事業構想のスケールアップに取り組み、集大成として開催する、来年3月8日(土)の結晶大会を目指します。 公志園プログラムの詳細につきましては、http://koshien-online.jp/をご覧頂けますようよろしくお願いいたします。

公志園プログラムで行われているチャレンジ

社会イノベーター公志園では、以下の2つのチャレンジを通じて、共感と志援の輪を広げています。
ご関心・共感を持っていただけるチャレンジに、ご支援・ご寄付をよろしくお願い致します。

公志園の理念と趣旨に共感いただき、
<全国大会出場者の志と活動を広く世に紹介するDVD制作>
を応援いただける方はこちら
公志園全国大会出場者各個人の志に共感し、
<出場者の公志園へのチャレンジ>を支援頂ける方はこちら

(1)2013公志園DVD制作支援会に加わる

公志園

公志園出場者の志と活動を紹介するDVDを制作し、日本全国に共感と支援の輪を広げます。

第三回社会イノベーター公志園は、2013年9月28日に大阪で開会し、3月8日東京にて決勝大会を開催します。 2013公志園DVDの制作については、出場者たちが、全国各地での地域公志園を経て、挑戦、格闘、成長しながら、決勝大会を目指して己の「志」を磨いていく姿を追い、映像化します。 その後、出場した社会イノベーターたちの活動や志をより広く発信するため、DVDを制作し、全国のTSUTAYA店舗で無料レンタルを実施いたします。

(2013公志園DVD制作プロジェクトはこちら http://pv.koshien-online.jp/

多くの人がDVDを手にとって、出場者たちがどのような課題に、どのような思いで取り組んでいるのか、映像を通じて触れることができ、共感し、支援の輪が広がっていく…。このDVD制作を実現する制作支援会のメンバーに加わっていただける方を募集しています。
このチャレンジに、5,000円からの寄付を頂いた方は、制作支援会メンバーとして、エンドロールにてお名前を掲載、完成したDVDを送付させていただきます(いずれも希望者のみ)。また、支援会メンバーとしての形ではなくても応援いただける方は、500円からご支援いただくことも可能です。

2013公志園DVD制作に向けてのチャレンジを見る

(2)全国大会出場者の挑戦を応援する

地方推薦、全国公募を経て、26歳から、56歳まで、全国大会に選ばれた社会イノベーターたち。

活動拠点もさまざま。札幌、大船渡、石巻、福島いわき、富山、名古屋、京都、神戸、滋賀、島根隠岐、熊本。そして、エチオピア、バングラデシュ。

挑む社会課題もさまざま。教育、小児医療、介護、障かい者自律支援、農業、環境、地域活性、復興支援、ICT、国際支援などの分野で活躍する15人です。

それぞれがチャレンジで募る寄付は、主に彼(女)らが、全国大会へ出席するための交通費・宿泊費などの活動費用に充当されます。

草野 竹史氏 環境(世代間交流) 北海道
草野 竹史
特定非営利活動法人ezorock 代表理事
北海道最大の野外ロックフェスティバルの環境対策活動を続けていくうちに、全道各地に広がった青年層とのダイナミックなネットワークを生かし、大雪山の自然保護など様々な道内の課題に、多様な世代と協力して取り組んでいきます。
チャレンジを見る
長谷川 琢也氏 IT 地域活性 東京 石巻
長谷川 琢也
ヤフー株式会社 復興支援室
震災後、被災地の農産物や加工食品等をネットで販売する「復興デパートメント」の ち上げ等に従事。2012年に経営陣が刷新したことを機に、「復興支援」を専門的 に担う部署を社内で立ち上げ、家族と共に石巻へ移住。ITの技術を活用し、ポー タルサイトの運用だけではなく、被災地に持続的な事業をつくりたいと挑戦中。
橋本 めぐみ氏 農業 まちづくり 地域活性 富山
橋本 めぐみ
有限会社土遊野 取締役
日本の里山を、自然や資源、人の感性に触れる「豊かさ」があり、いのちを育む大事な土台である場所だと伝えたい。一人じゃなく、みんなと繋いでいきたい。 そんな想いを胸に、持続可能な循環型農業を実践します。
チャレンジを見る
毛受 芳高氏 教育 愛知
毛受 芳高
一般社団法人アスバシ教育基金 代表理事
性別や能力、親の状況に関わらず、誰もが、様々な人に出会うことできっかけを得て、何かに主体的に挑戦していくことで成長できる教育をつくること。 そして、すべての若者が、明日の社会の担い手となれる社会を築く。
チャレンジを見る
小野 邦彦氏 環境 農業 京都
小野 邦彦
株式会社 坂ノ途中 代表取締役
新規就農者・若手農家と連携し作付け計画から共に考え、販路開拓を行っています。 新規就農のハードルを下げることで、環境への負担の小さい農業の実践者を増やし、持続可能な社会へとたどり着きたいと考えています。
チャレンジを見る
楠木 重範氏 医療 兵庫
楠木 重範
チャイルド・ケモ・クリニック 院長
小児がんを患ったこどもが、健やかに成長し、自立した社会生活を送り、また残念ながら亡くなってしまうこどもたちにも、 「短いながらも、有意義な人生」であったと感じられる医療を目指したい。
チャレンジを見る
明石 祥子氏 国際協力 熊本
明石 祥子
フェアトレードシティくまもと推進委員会 代表
「熊本から世界へ ひとつなぐフェアトレード」、 2014年3月28日~30日フェアトレードタウン国際会議熊本開催。市民、自治体、議会との協働!一人一人が未来へつながる鍵を持とう!!知らせる努力、知る努力から始めよう!!!
チャレンジを見る
本村 拓人氏 国際協力 東京 バングラデシュ
本村 拓人
株式会社Granma 代表取締役社長
世界に点在する貧困ペナルティ(貧困ゆえに割高・低品質なものを購入せざるを得ない等)を根本的に解決する商品を開発し、それらの製品を最も効果・効率的に流通させる仕組みを提供するべく挑戦中。
八木 健一郎氏 漁業(食の安全供給) 岩手
八木 健一郎
有限会社 三陸とれたて市場 代表取締役
瓦礫と化した被災地で始まる、人と人が幸せに生きられる生業の創造。生きている価値、支えていく喜び。 そんな普遍的な喜びを、小さいながらも定住、再生産が安定して行えるような地方都市を育成していきます。
チャレンジを見る
吉田 恵美子氏 教育・国際協力 地域活性 福島
吉田 恵美子
いわきおてんとSUN企業組合 代表
耕作放棄された農地でのオーガニックコットン栽培。自然エネルギーによる市民コミュニティ電力。被災から立ち上がる取り組みから学ぶスタディツアー。これらの事業を関連させつつ進め、福島の再生の道筋を生み出します。
チャレンジを見る
土井 佳彦氏 多文化共生 愛知
土井 佳彦
特定非営利活動法人 多文化共生リソースセンター東海 代表理事
国籍や出身を問わず、だれもが安心・安全に暮らし、将来に希望を持って生きられる 「多文化共生社会」づくりに取組んでいます。 日本語学習や災害時の支援体制整備に関する活動支援や政策提言など、多角的に活動しています。
チャレンジを見る
中崎 ひとみ氏 障がい者福祉 滋賀
中崎 ひとみ
社会福祉法人共生シンフォニー 常務理事
障がい者と共に働く場、活動する場を創出運営する中で、「障害を持つ子供達は選択の余地なく即就労」の流れに疑問!健常者の進学率が80%を超える中、養護学校卒業後の大学に代わる学びの場の設立に挑戦中。
高橋 博樹氏 伝統工芸技術の継承 京都
高橋 博樹
特定非営利活動法人 京都匠塾 代表理事
子どもたちに日本文化に対する誇りをもっと持ってもらうため、伝統工芸業界の活性化に取り組んでいます。体験を通して子どもたちはすばらしい感性や「見る目」を身につけます。これは「未来の日本文化づくり」です。
チャレンジを見る
阿部 裕志氏 地域活性(人材育成) 島根
阿部 裕志
株式会社巡の環 代表取締役 代表理事CEO
大手企業で働く中で人間らしく生きるのが難しい現代社会の在り方に疑問をもち、 島まるごと循環型社会のモデルを目指す海士町に移住して㈱巡の環を起業。 島外向けに地域資源を生かした教育プログラムの提供等を行う。
チャレンジを見る
鮫島 弘子氏 国際協力 エチオピア
鮫島 弘子
株式会社andu amet 代表
エチオピア発のラグジュアリー・ファッションブランドとして、品質やデザイン性はもちろん、企画・素材調達・製造・販売など全ての行程においてエシカルを追求。関わる全ての人々がHAPPYになるモノづくりを目指します。
チャレンジを見る
岩城祐子さんは、ご本人の意思により途中辞退されています。